何度も繰返し使える!シリコン製マフィンカップ

手軽に手間なく作れるスイーツって何だろう。
そこで最初に思い浮かんだのがマフィンである。あれってなんか適当に粉とか混ぜればなんとかなるんだと私は認識しております。

そこでマフィンの容器を百均で買うのもありだが、せっかくなので最近流行りのシリコン製カップを使って見ることにした。シリコンって見た目プラスチックなのに100度を越える熱にも耐えちゃうらしいぞ。

フルードルチェのシリコンマフィンカップレビュー

シリコン製のマフィンカップ 6つ入 約1000円

ここ二年ほど外に出かけるのが面倒なので、何を買うにもamazonさんにお世話になっております(笑)。何か探すといっぱいあるわけですよ。

シリコンマフィンカップの購入ページ

そこで選んだのはフルールドルチェというメーカーのやつ。デザイン自体は他のものと較べて地味だが、その形と大きさはマフィン作りにちょうど良さそう!

マフィンレシピありますんやん

  • 薄力粉 160g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 砂糖 130g
  • 卵 1個
  • 無塩バター 60g
  • 牛乳 80cc

パッケージの裏側を確認すると丁寧にレシピが書いてあるじゃないか。最近の説明書は便利だなぁ。何買っても絶対にレシピがついてくる。

あと嬉しいのが、このマフィンカップを使った時にちょうどよい量になること。ネット上にあるやつをそのまま真似ても容器の量にあってないと少なすぎたり多すぎたりしちゃうからね。

手順通りに混ぜる!

いろいろ順序があるらしいが、まぁ詳しくはマフィンカップ買った時のレシピ見てくれ(笑)。要は先ほどの材料をガツンと混ぜて混ぜるだけなのさ!順序を間違えても気にしない。気持ちさえあれば混ざるはずです。

マフィンカップに流しこむ

柔らかいシリコン製のマフィンカップでありますが、マフィンの素を流しこんでも特に形がくずれるってことはない。私に似てなかなか丈夫ではないか。

あっここで一つ言っておくけど、このマフィンカップって生地がくっつきにくいから、容器に油やバターを塗る必要は全くないらしい。

170度に熱したオーブンで25分

あとは170度のオーブンで25分焼きあげるだけ。ただ今回シリコン製食器は初めて使う。シリコンが燃え上がらないか心配である。少しでも溶けたら返品してやるからなー

シリコンは230度まで耐える無敵な奴!

25分後、ドアをオープンすると甘い匂いと熱気の中から見事に焼きあがったマフィンが出てきた。気にしていたシリコンカップだが全く問題ない。調べてみると「-40度~230度」の範囲で使用できるらしい。ほぼ無敵じゃねーか。

いつものクセでレシピ通りに作る事ができなかったのだが、出来上がってきたものはしっかりマフィンでした。なんだ、やっぱりある程度、適当が入っても作れるもんなんなんだね。

出来上がって間もないマフィンを取り出してみると、スポッと取れはしたが、少しだけ中に生地がくっついた。今回焼きあげてすぐに出したからそれが原因かもね。でも見て分かるように、くっついたとしてもほとんどくっつかないと言ってもいいでしょう。

繰返し使えるシリコンカップはいかがかな?

いざ食べてみると完全にマフィンでした。しかも焼きたてって事もあるから、それがまたうまい!実は適当にトッピングしたチョコボールがこれまたよかった。

今回使ったシリコン製のマフィンカップの欠点として、紙製のやつで作ったものより、なんていうんだろう、いい感じの端のこげ具合とかがなくなっちゃうんだ。なので見た目だけで言うと一つマイナス。

でもポイントは、繰返し何度でも使う事ができるので、ちょっと節約になるし、マフィンカップがなくてスーパーに足を運ぶ手間が少なくなるってのがむしろいいところ。

6つ入で価格は約1000円(送料込み)なのでお手頃感はあると思う。またこのカップは何もマフィン専用じゃなくてプリン作りなどいろんな調理に使えるらしい。よしまた今度何かつくろっと。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別