硬すぎるブルーベリージャムの作り方(決して失敗ではございません)

GOPAN(レビュー記事)を買ってからパン作りにハマっているカズです。パンをそのまま食べるのもイケる私ですが、やはりトロッと甘いジャムをつけて食べるのが一番好き。

そして数あるジャムの中でも私はブルーベリージャムが大好きなのである。調べた所、ブルーベリージャムって素人でも簡単に作れるとか作れないとか。よし今回は手作りブルーベリージャム作りにチャレンジしようじゃないか。

硬いブルベリージャムの作り方

ブルーベリージャムの材料

  • 冷凍ブルーベリー 100g
  • 砂糖 量は気の済むまで
  • クエン酸 量は気分次第

冷凍ブルーベリーは近くのスーパーなどで購入してもいいし、私の場合はamazonで「冷凍ブルーベリー」を購入しました。冷凍ブルーベリー1kgで価格は2000円也っ!

そのままブルーベリーを鍋で煮込む

軽く水洗いしたブルーベリー(100g)をそのまま鍋で煮込んでみました。焦げるといけないのでゴムベラでコゲないよう丁寧にこねくり回す。

ガツっと砂糖を投入

ホントの分量は、ブルーベリーが「2」に対して砂糖は「1」くらいが理想らしい。でも私は甘めのジャムが好きなのだ。だから量関係なく砂糖を多めに入れてみました。

ちなみに、今回のケースだと、砂糖は入れても50gまで。でも私はもっと甘くてうまいジャムに仕上げたかったので89g投入しました。

10分くらい煮こむ

水分量が多いので10分くらいコトコトと煮込みます。匂いは、なんとなくブルーベリーなんだけどこれでホントに出来るのかな。初めてだからなんか心配だ。

熱湯消毒した瓶に詰める

うん、たぶんこれでジャムができたはず。容器には以前ジャム入れとして使った空き瓶を使う事にした。容器にバイ菌がついていると繁殖する事があるので熱湯にて消毒なり。

あとは丁寧に作った手作りブルーベリージャムを容器に詰めて出来上がりさ。あとは少し冷えるまで常温でおいておこう。

冷蔵庫に入れて保管

最後のトドメとして冷蔵庫に手作りジャムを入れて冷やしておこう。これで保存も効くし、先ほどは温かくてゆるかったジャムも少しは硬くなるだろう。

数時間後にジャムの完成!

ははったぶん、ジャムができたぜ。色艶ともに市販されているブルーベリージャムと一緒だ。しかも今回の材料には無添加の国産ブルーベリーという上物のブルーベリーを使ってます。素材がよけりゃきっとうまいはず。

んっあれあれ・・・硬いんですけど

さて味見してみよう。どんな味に仕上がっているのか非常に楽しみである。甘めに作ったから市販品よりもたぶんうまいはず。よしスプーンでがばっとほじくってみるとするか・・・・・

 

んっあれおかしい・・・

 

全然、スプーンですくえない・・・

 

あれっやべぇ、完全に固形化してるんですけど。なぜかブルベリージャムじゃなくて、ブルーベリーアメが出来ちゃったようです。ははっジャム作りでこんな事ってあるの。

原因として濃厚なのが、砂糖の入れすぎた事。たぶん適量であればブルーベリージャムができたんだろうと思う。料理って分量が大切って事を身をもって知りました。まぁたまにはこういう日もあるよね。

まぁでもできたものは、ジャムで間違いはないはず。ただちょっと硬いのが問題なんだけどね。うーんこのままでは何ともならないので、次回は「硬めのジャムを柔らかいジャムに戻す裏ワザ」にチャレンジしてみようと思う。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別