カボチャでスイートポテト風のスイーツを作ってみた結果・・・何だこりゃw

つい最近、すっげー出来のいいやつできた。それが「ハロウィンパンプキン」だ。過去最高に見た目が可愛い!でも一つ問題がある。丸ごと一つのカボチャを使ったのだが材料が余りまくってしまった。これはどうにかしないと。

でもそこはセンスで料理をしているカズ飯。すぐいい案が思い浮かぶ。最近スイートポテト作ってみたいと思っていたんだけど、肝心のサツマイモがなかったんだ。じゃあ、サツマイモの代わりに「余ったカボチャ」使えばいいじゃん。というわけで本日はカボチャでスイートポテトもどきつくってみます。

スイートポテトもどきの作り方

材料

  • 大量の茹でたカボチャ
  • 砂糖 三杯
  • バター こっぽり
  • 小麦粉 いっぱい
  • 卵 1個
  • 牛乳 1秒

実際に作ってみて、必要なくなってしまったもの。そして追加で必要になってしまったものがあります。もう最初に言っておくと、スイートポテトの作り方では無理だったわ。

茹でたカボチャの皮を剥ぐ

まずは火が通っているカボチャの皮を包丁でとっちゃいましょう。一応これで今回のカボチャ全てとなります。ちなみにカボチャが熱々でなければ電子レンジなどで温めておきましょう。

バターと砂糖を投入だぜ

ではスイートポテト風にいってみましょう。スイートポテトでは、バターや砂糖を使うのでそれを真似して入れてみました。

ポテトマッシャーで潰すべし

次にポテトマッシャーでつぶしながら混ぜます。ポテトマッシャーは百均にも売っているのでぜひ手に入れておいてくれ。

まだベトベトでした

本来は牛乳を入れなから硬さの調整をするんですが、やっぱり素材が違うと何もかもが変わってくるんですね。見事なまでにべちゃべちゃになってます。これじゃキレイに整形して焼き上げる事ができない。というわけで何となくこれいれてみました。

小麦粉入れれば何とかなる

そんなわけで小麦粉をぶっこんでみました。パン作りとかしていて知ってるんですよ。こういった粉ものを入れると生地が硬くなるんです。だから今回のやつでも手で触ってもくっつかないくらいにできるはず。

けっきょくベトベトでした

けっこうな量を入れたと思ったのに、かぼちゃペーストは、ただ粘り気が出ただけ。たったそれだけでございます。もうこりゃダメだわ。このまま焼き上げてしまいましょ。

スプーンを使って形つくり

さっそく形作りをしていくわけですが手だとベタベタにひっついて形を作れない。だったらスプーンを二つつかってやりましょう。こうすればけっこうキレイにできる。

180度で25分

どれだけ焼き上げればいいのかわからなかったので、何となく180度で25分焼き上げる事にしました。

思ったより見た目がいい!

そして出来上がってきたものがこちら。思ったより見た目がいい。ただあれだな「クッキー」に見えるわ。クッキーだったらもっと薄くして焼き上げ時間を長くすれば作れたような気がする。ではさっそく食べてみるとしましょうか。

まとめ!うまいようなうまくないような

結論から言わせていただくと、ちょいと微妙なものができました。うまいんやら、うまくないんやら。ただ嫁さんは甘さが控えめでうまいじゃん!って褒めてました。甘さ控えめ女子にとってはうまいのかもしれませんが、甘さを求める私としては、もっと砂糖入れておけばよかったと後悔。

うーん、次は普通にサツマイモ使って本物のスイートポテト作る事にします。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別