メープルは神調味料!甘くて旨いメープルチキンレシピ

ふとテレビを見ていたら、この世界にはメープルシロップを普段の調味料として使う素晴らしい国があるそうだ。その国がカナダ。カナダではこのメープルのもとがとれる樹があるみたいで日本でいうみりんみたいな感覚で使っちゃうらしい。

これを聞いて「えぇーっ」て思う人もいるかもしれないが、こんなもの、私に言わせてもらうと旨いに決まってる!だって甘味がでて深みもでるんだよ。というわけで本日は適当にメープル料理作ってみたいと思います。

メープルチキンの作り方

レシピ

  • 鶏肉 300グラム
  • ★メープルシロップ 5秒
  • ★味噌 適量
  • ★生姜 5cm
  • ★みりん 2秒

今回の材料はこちら。今回はメープルシロップと和の結合でございます。というわけで味噌を選び、更に馴染みやすいように日本のメープルシロップこと「みりん」を用意しました。

メープルは神の調味料

たぶんメープルシロップは神。どんな料理とも合わせやすい食材だと思います。ご飯にかけてもうまいのではないでしょうか。日本でいうきなこご飯的なものだと思うんですよ。

調味料を袋にいれる

料理において間違いない事があります。それは浸け置き。食材を一晩とか漬けておけば料理できる人っぽくみせる事ができます。というわけでさっそく★がついた材料をぶっこむ。

振るべし

袋は便利ですね。ただ材料を入れてふるだけ。たったこれだけで漬けダレの完成です。

鶏肉を入れて揉み込む

鶏肉を適当なサイズにカットして漬け込んじゃいましょう。そして空気を抜いてロックすべし。

冷蔵庫で一晩

あとは冷蔵庫で一晩おくだけ。私は待てない人なのでたった2時間置きとなってます。

にんにくを香らせるとよりグッド

特にこれは必要ありませんが、最初のシーンでオリーブオイルでにんにくを炒めておくと雰囲気が激的によくなります。これも料理できる風に見せるポイント。

適当に炒めればよし

あとはただ炒めるだけ。私は玉ねぎが好きなので適当にトッピングしておきました。皆さんも好きな野菜ぶっこんじゃって下さい。

最後に緑っぽいものを添えれば完璧。この緑も決して必要なものではないが、これがあるだけで見た目がよくなり、こちらも料理ができるっぽい雰囲気を出す事ができる。

メープルチキンの完成

こんな感じでメープルチキンの完成です。たった2時間だけしか漬けてませんが、メープルダレがからまっていい感じにメープル色に染まっている。

そして大量のメープルを使ったのでいいメープルの香りが漂います。

まとめ!メープルは調味料としていける

さっそく食べてみましたが、けっこうイケる!こういった肉でメープルの香りがあってもいい感じじゃん。嫁さんにも食べてもらいましたが好評でございました。

日本料理って甘くするレシピが多いので、実はこのメープルシロップって日本料理とマッチするのかも。よしこれからも積極的にメープル料理にチャレンジしてみよっと。皆さんもぜひメープル料理試して見て下さい。けっこういけます!

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別