レンジで半熟卵が作れる「レンジでらくチン ゆでたまご」レビュー

半熟卵を作りたいけど、うまく作れない。確かにネット上にはいろんな「半熟卵の作り方」が存在しているんだが、水の温度とか置いておく時間がちょっと長かったり短かったりするだけで失敗しちゃう。

半熟卵を簡単に誰でも作れる便利道具なんてものはないんだろうか。さてamazonで調べてみるとするか・・・一発で見つかりました(笑)。世の中欲しいものは製品化されてるんですね。というわけで本日は誰でも半熟卵が作れちゃう魔法の調理器材を紹介しましょう。

レンジでらくチンレビュー

レンジでらくチン 3個用 約1000円

今回購入したのは「レンジでらくチン」というレンジでゆでたまごを作れるキッチングッズ。こちら2個用とか3個用、4個用などがあり、今回購入したのは3つ用。3つ用でも価格は約1000円とかなりお手頃。

半熟・固ゆでの両方に対応

これすげぇよ。レンジに入れるだけで半熟も固ゆでも思いのままできちゃうらしい。でもこれはやってみないとわからない。さっそく試してみるとするか。

本体は思った以上にコンパクト

こちらが本体、思った以上にコンパクトでございます。これなら狭いキッチンでも思ったよりスペースはとらない。

今回の材料

  • 卵 3つ
  • 少量の水

特別に必要なものはない。必要なのは卵と水。たったそれだけ。

水を指定量まで注ぐ

本体を開くと水を注ぐ場所がある。そこには目盛りがあるのでそこまで水を注ぐだけ。特別な計量が必要ないから楽ちん。

卵をセット

あとはアルミの上に卵をセットするだけ。電子レンジの中に金属を入れると爆発するって聞いたことがあるんだけど、アルミだったらセーフなのか?ちょっと心配ではあるがこのままやってみよう。

加熱時間を調整するべし

本体にも書いてあるんだが、半熟玉子を作るにはちょっとした調整が必要なようです。私の場合600Wで3つ作る予定なので10分チンする事にしました。

キャップをしめレンジで10分

あとはレンジで10分待つだけです。本来はお湯を沸かしてゆでたまごを作るんですが、火を使わない分、こっちの方が手軽で安心。

加熱後は水で冷やすべし

10分後、出来上がったと思われるゆでたまごを水で冷やす。ホントにこれで出来ているんだろうか・・・

茹で上がってる!

さっそく卵の殻をめくってみると・・・、できてるじゃん!完璧に茹で上がっているじゃん。私はこれまでにも半熟玉子を作った事はあったんですが、ちょっと出すタイミングが速すぎるとこの白身の部分が固まってなくてどろっと失敗なんて事もあったんですよ。これはすげぇ、じゃ、中身はどうなんだろ。

完全に半熟玉子ができました

うぉーーーー、完全に半熟玉子ができちゃいました。これすげぇよ。すげぇよこれ!さっそく食してみるとするか。

うまい!しっかり半熟卵になっております。ちょっと中身がとろけてうまいじゃないか!

まとめ!ゆでたまごをよく作る人は持っておいてよし

今回のキッチングッズのポイントは、誰でも間違いなく半熟玉子が作れるってこと。あと10分くらい電子レンジを占領しちゃいますがとにかく簡単にゆでたまごを作る事ができます。ゆでたまごって作るの簡単ではあるけど、湯で時間だったり調整が必要で面倒は面倒なんですよ。

これ簡単すぎるくらいっていうくらい手軽にゆでたまごが作れてしまうのでよくゆで卵を作るって方は一つくらいもっておいてもいいかもしれないっす。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別