【微妙注意】電子レンジで作れる簡単カレーうどん

どうも、手抜き料理研究科の「チン・カズヒサ」です。本日もよりすぐりの手抜きレシピを用意しましたよ。今回はなんと電子レンジで作れる簡単レシピ。作った事はないけどうまく出来るきはしている。

だって今回は、ただ以前に作ったものをただ組合せて作っているだけなのだから。ではさっそく本日もいってみましょう。

電子レンジで作るカレーうどん

材料

  • 適当な野菜
  • うどん 1玉
  • めんつゆ 2秒(3倍濃縮タイプ)
  • カレールウ 2コロ
  • 水 2秒
  • 冷凍ハンバーグ (今回のもの再現したいのであれば)

材料は、なんとなくでいい。絶対に必要なのは、冷凍うどんとカレーのルウ。これ以外はお好みで用意していただいてけっこうです。これがカズ飯流。

野菜をガラス耐熱ボウルへぶっこめ

電子レンジ料理って事でポイントは器。まぁこれ誰でもわかるよな。耐熱ってのはもちろんだけど金属はもちろんNGなので耐熱ガラスボウルを使うべし。ちなみに私は上のやつ使ってる。これ割れにくくてけっこういいぜ。

さてこの時は、ガラスボウルに材料をぶっこんでくれ。適当に野菜を入れたり肉を入れたり。今回は冷凍のハンバーグが余っていたのでそのままぶっこんだら・・・な感じになった。ハンバーグは入れなくていいと思う(笑)。

3倍濃縮には気をつける

今回、カレーうどんらしさを出すために「和」をプラス。和というのがめんつゆなのだが、この3倍濃縮にはやられたよ。ちょっと味が濃かったんだよね。今回は5秒入れたけど実際には2秒くらいでOK。

レンジで10分

今回は、冷凍ハンバーグも入れたし、冷凍うどんもあるので完全に火を通すには10分は必要だ。ここは材料の分量によって変わってくるから、みんなは長年の経験で判断してくれ。

チン完了後カレーの素を混ぜる

チンが終わり一応火が通っているか確認。うん、今回も一発でうまくいったよ(ハンバーグが生だったのは内緒です)。では次にカレールウを入れていこう。今回は一人前だからそんなに量は必要ない、半分の半分でOKです。

ルウを後から入れると溶けにくいと思うだろうが、これ意外に溶けるんですよ。ではできたら盛りつけてカレーうどんの出来上がりです。

見た目よりうまいカレーうどんの出来上がり

さっこんな感じでカレーうどんの出来上がりです!いやぁ、あれですな・・・。えっと言い訳させて下さい。たぶん皆さんは見た目が悪いと思ってるのでしょう。それなぜかと言うと、まだ現代ではカレーうどんハンバーグというものが浸透していないから。

そう、皆さんがまだ追いついてないだけなのであります。これから「カレーうどんハンバーグ」の時代になればきっと美味そうに見えるはず。新しい料理ってものは悲しい事になかなか受け入れる事ができないんです。でもそれでも私はいいんです。うまけりゃいいんです。

さて、肝心の味はというと・・・濃い・・・。いやでもこれは3倍濃縮のせいだ。これの分量が2秒であればもうちょいいい感じにできただろうに。でも全体的な味としては満足。たぶん普通のカレーうどんとしてイケるよ。

もし興味あったらぜひこちら試してみて下さい!思ったよりはうまいですよ。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別