台湾で流行っているラーメンプリンを作ってみたけど、、、一度でいいから試す事をすすめるよ

忙しい合間をぬっていつものようにYahoo!JAPANにて情報収集(ただの暇つぶし)していたところ、気になるニュースを発見。どうやらいま台湾で「ラーメンプリン」なるものが流行っているらしい。

一見、グロテスクな組合せのように思えるが私はそう思わない。なんかわかるんだよ、直感でさ。そしたらいてもたってもいられなくなって、ついついコンビニで買ってきちゃいましたよ。というわけで本日はラーメンプリンでございます。

ラーメンプリンの作り方

材料

  • カップ麺 (出来れば大きい器のタイプ)
  • プリン

材料は実にシンプル。カップ麺とプリンのみ。共に何でもいいのだが、カップヌードルのような小さい容器はあまりよくないようだ。理由はのちほどわかるので最後まで読んでみてくれ。

普通にカップ麺を作るべし

何も特別なことはしない。普通にお湯をいれカップ麺を作るのだ。というかあれだな、カップ麺を食べるのが数年ぶりだよ。別に健康志向ってわけでもないがどうせお腹を満たすなら甘いモノか、肉のどちらかでみたしたいんだよわたしは。

三分後うまそうなカップ麺完成

三分後、うまそーなカップ麺ができましたよ。カップヌードルだと上にのっている肉のような味付きのブロックあるでしょ。それが個人的に好きなんですよ。今回カップヌードルを選んだのもただそれだけの理由。ただまさかカップヌードルがあんな事になるとは思いませんでした。

そのままプリンを落とすべし

さて何をするのかというとプリン背面の爪をポチっと折ってそのまま上に落とすべし。

ラーメンプリンの出来上がり

これにてラーメンプリンの出来上がりです。えっととりあえず見た目だけでいうと「うまそうだ!」。でもこれよく見て欲しい。カップヌードルはなんというか、カップが小さめなんだよ。よってプリンのような体積大きなものが入っちゃうともれなく溢れます。

こんなものよく考えればわかるものなのに、ホント私はダメなやつだ。まぁでもやっぱりカップ麺の王様といったらカップ麺でしょ。味だけで言うとカップ麺の王様こと「カップヌードル」とプリン界のプリンセスこと「プッチンプリン」が出会うわけだから味だけでいうと超逸品にはなると思う。

プリンをほぐすべし

あとはそのままプリンをほぐしてくれ。ちょっと溢れそうだったから混ぜるのが難しかったが大きな容器でやれば簡単に混ぜれるはず。

プリンが麺に絡み合う

さっそく麺をすくってみると、おぉこれはよい。プリンが麺に絡みまくっているではないか。ではさっそく食してみるとするか・・・

ズズズズズッ・・・
あっ普通にうまい。普通にイケるじゃん。なんていうんだろ、プリンが入る事で味がまろやかになるのはもちろん、あのプリン独特の深みがラーメンにプラスされるんだよね。なんかラーメンがより濃厚、そして旨味が増えたような気がする。

えっとこれと似た商品でいうと、マクドナルドのマックグリドルってあるでしょ。それに似たような感覚ですよ。あの甘味と塩味のハーモニーといいますか、マッチ具合がいいんです。これは一度くらいは試す価値ありですな。

ただ注意すべき点としてはカップ麺って100円ちょいと安いものなのにプッチンプリンの料金が150円近くするのでプリンを合わせると価格が倍近くになる。ちょっとコスパが悪くなるんだよな。あとあれだプリンってカロリーが200Kcalあるからダイエット中の人にはあまりオススメもできない。

でもマックグリドルが好きって人ならイケる味ではあると思うので、とりあえずみんな、一度でいいから試してみれくれ。感動するって人もいるだろうし「くそっ!」って思う人も出てくるでしょう(笑)。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別