爆発なし!電子レンジを使った手作りカレーの作り方

お昼にテレビを見ていると「電子レンジでカレーが作れる器」ってものが紹介されていた。いやいや、そんな器じゃなくても、普通の耐熱性のあるガラス容器を使ったら作れるでしょ!

というわけで本日は電子レンジを使ってカレー作りをしたいと思います。ただ昔またもやテレビを見ていた時にカレーが電子レンジで爆発するって噂があったので今回はそこに配慮して爆発なしで作らせていただきやす!

爆発しない電子レンジカレーの作り方

材料

  • ★豚肉 分量は食べたいだけ
  • ★玉ねぎ 半分
  • ★人参 半分
  • ★じゃがいも 半分
  • カレーの素 半分

今回の材料は上記の通り。カレーを作るにあたっていつもの材料と全く一緒。ただ加熱に電子レンジを使うってだけなのであります。

爆発しないよう小さめに

まずカレーが爆発する要因の一つとして具材が大きすぎって事があるらしい。たとえばじゃがいもをまるまる大きなの入れちゃって、それにより中身が膨張し爆発って事があるみたい。

というわけで今回は爆発防止ってことで、じゃがいもなど小さめにカットする事をオススメするよ。あと小さめにカットするメリットとして火が通りやすくなるという嬉しいポイントもある。特に人参が火が通りにくいので細かめでいっちゃいましょう。

水を3秒

「★」がついた材料をガラス製の耐熱容器にいれちゃってくれ。あとは水分。今回はだいたい3秒くらいぶっこんでやったよ。もうちょい詳しく言うと材料がボチボチ浸かるくらいでOK。あと私は耐熱ガラスボウルにamazonで売っていたやつを使用中。もしよかったら見てちょんまげ。

カレーの素は爆発防止のため入れないぜ

カレーが爆発する要因の一つとして、粘度が高い事があげられる。表面だけ冷たいままで中身がものすごく暑くなって爆発しちゃう事があるらしいのだ。テレビではカレーのルウも一緒に入れていたが100%爆発を防ぐという意味でカレーのルウは加熱後でござる。これでほぼ爆発は防げるはず。

8分くらい電子レンジでチン

今回は「8分30秒」でチンしてみよう。チン時間については内容量によって大きく変わってくるのでチン完了後、まだ火が通ってないようだったら再度加熱してみてくれ。

加熱してからのカレーのルウ

今回作ってみてわかったが水分多すぎた。というわけで皆さんは調理した時に水分量に気をつけてくれ。加熱後にちょっとおおいかもって思ったらお玉ですくうなりして水分量を減らすように。

あとはカレーのルウを容器に入れてそのまま混ぜるのみ。特にグツグツ煮る必要なんてなし。思った以上にルウはよく混ざり、すぐこんな状態に。

ほらっこれ完全にカレーでしょ。じゃあとはライスを皿に入れてカレーをかけて出来上がりだ。

電子レンジポークカレーの完成

じゃーん!こんな感じで電子レンジポークカレーの出来上がりだ。完全にカレーでございましょ。ただ加熱に電子レンジを使っただけでナベと似たような感じのカレーは作る事ができるのだ。

あぁやっぱりうまい!ナベで作ったカレーと何も差はないように感じるよ。普通にうまうまでございます。

とにかくあれですよ、もともとカレーなんてナベで作ってもほとんど手間かからないから電子レンジを使って作っても作業量的にはほとんど一緒。でもあれですよ、電子レンジで作れるんだっていう喜びがあるのは事実。簡単なのでぜひみなさんもチャレンししてみて下さいませ。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別