生クリーム検証!動物性と植物性は一体何が違うのか?

全国の生クリーム好きの皆さん、こんにちは!
生クリームは三度の飯より大好きなカズです。ただ最近生クリームについて疑問があります。生クリームってさ、スーパーでみると安いやつと高いやつの二種類があるじゃん。

気持ち的には、安いやつが欲しいけど、なぜそこに高い生クリームがあるのか超疑問。そこで今回は生クリームの食べ比べをしてみようと思う。ホントにこいつらに差はあるのだろうか。

生クリーム検証

動物性と植物性の二種類がある

表示を確認してみたところ、左が動物性、右が植物性のようだ。つまり植物性の方は、生クリームっぽくなるよう、なんかいろいろ配合して出来た偽生クリームのようです。簡単に言うとバターとマーガリンみたいなもんかな。

乳脂肪分が18%以上じゃないと生クリームと言えないらしく、植物性のクリームはホイップクリームと呼ぶようだ。植物性は食べるプラスチックなどあまりいい話は聞かないけど、私達が大好きなショートケーキやクレープではコチラが使われてる事がほとんどなんだろうな。

ちなみに価格なんだが、動物性は300円ちょっとするのに対して植物性は128円ととっても安い。だいたい3倍近い価格差がある。

味が大切なんだ!

植物性が体にわるいとかってのはぶっちゃけどうでもいい。どうせショートケーキやクレープをお店で食べてしまえば摂取してしまうからね。

それよりも、動物性と植物性でどれだけ味が違うのか気になる。やはり動物性の方が価格が高いだけあってそれなりに美味いに違いない!

見た目、泡立て時間に大きな違いが出た

実際に泡立ててみると両者大きく違いがありました。向かって左側が動物性のやつなんだが、若干黄色っぽい色がついている。またすぐに泡立てができるようで、たったの1分30秒で泡だて完了です。

それに較べて植物性は、クリームの色が青白っぽく見た目だけで言うと、こっちの方がいい感じですね。見た目だけでも植物性の識別はできそうだ。また泡立て時間も大きく違う。こっちはなんと5分もかかりました。

動物性のクリームは1分半でも泡立てすぎで、ご覧のように硬くなりすぎました。それに比べて植物性はまだ柔らかめ。もう少し泡立てしてもよかったのかもね。

動物性生クリームについて

食べ比べてみると違いはあった。こっちの方が味わいがあるっていうか、牛乳っぽい動物系の風味がある。さすが本物の生クリームだ。また泡立て時間も短くてすむってのもポイントだな。

植物性ホイップクリームについて

さて安物クリームの植物性の味わいについてだが・・・うまい!動物性に較べて風味がないけど、こっちはこっちであっさりしていてうまいでござる!私にとって不満は特に無し!

植物性でOK

どっちかというと動物性の方が香りがあってうまいんだが、三倍近い価格差を考えると私は植物性で全然OKでございます。普通にうまいよ!まぁ植物性だから体に悪いとかあるかもしれないけど、生クリーム作りなんてたまにしかしないし、まっいいでしょ。

ただ今回の検証については、みんなも食べ比べ検証をやってみてほしい。これやっておくと植物性と動物性の違い分かるようになるぞ。味が分かるようになれば店舗での誤表示に気づけるかもしれない!

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別