GOPAN(ゴパン)を使って赤飯パンを作ってみた

私の調理グッズの一つにGOPANというすばらしいマシンがある。これはご飯からパンが作れるハイテクマシーン。そのご飯から作る食パンなんかご飯ならではのモチモチ感があって最高に美味いんだ。

ただここで一つ疑問が出てきた。これってもち米からもパンって作れるんじゃ?そこで実家を探してみると赤飯セットなるものが出てきた。じゃ本日はこれを使って赤飯パンを作ってみよう。

GOPANで作る赤飯パン

材料

  • ★赤飯用もち米 220グラム
  • ★煮汁と水 合わせて200グラム
  • ★バター 10グラム
  • ★砂糖 17グラム
  • ★塩 5グラム
  • 小麦グルテン 50グラム
  • イースト菌 3グラム

今回は、普通にご飯食パンを作る時の材料にある白米をもち米にすりかえただけ。あと赤飯用の煮汁も入っていたのでそれも採用した。

素敵な事に、写真にあるあずきさんも同梱されていた。2013年度のGOPANには、トッピング機能もあるので、あずきを入れておくとするか。

材料をつっこむ

「★」のついた材料を材料入れにセットし、グルテンとイースト菌はイースト菌用のボックスに入れる。実はご飯食パンといっても、ご飯以外に多くのものが必要になるのさ。

GOPANにセットしてご飯食パンモードで行くぜ

GOPANには、小麦食パンやうどん、ジャムなどいろんなモノづくりコースがある。ホントに何でも作れるんだな。さて今回はもちろんご飯食パンとして焼き上げる。そしてパン作りって結構時間がかかるんだ。なんと焼きあがるまで4時間半もかかります。

完成!でも膨らみが・・・

どうやら赤飯食パンができたようだ。焦げ臭い匂いもないしたぶんいい感じに出来上がったはず。さてフタをあけてみると目の前には、しぼんだまま焼きあがった赤飯食パンの姿が!?

このしぼんだ食パンどこかで見たことがある。あっあれだ以前「GOPANで小麦ゼロの米食パンを作ってみた」というものをやったんだけど、その米粉100%のやつと雰囲気が似ている。このドシンとした感じや、この膨らみのなさ。とりあえず分かったのはお米ともち米では仕上がり方に違いが出る事くらい。

切ってみると立派な食パンでした

よしさっそくカットだ!包丁で切ってみるとこの食パンのモチモチというかホントに餅系のモチモチ感を感じる。そして切断面を確認してみると、意外や意外!普通にパンになってるじゃん。

さて食感はというと、一般的なご飯食パンに較べてモチモチ度が高い。そして今回赤飯キットを使ったのであずきの香りもする笑。そしてお餅といったら砂糖でしょ。というわけで砂糖をかけて食べた所さらにウマウマでした。

今回のはGOPANの推奨された使い方ではなく、こんな事すると壊れる可能性も少なからずある。でも毎日の食パン作りに飽きて、新しい何かを求めていた人にとっては面白いかもね。

あとがき

10年9月4日

えっと今現在の年を忘れてしまいましたが笑。赤飯セットの裏面を確認してみると不思議な数字を発見。いやぁこの赤飯むっちゃふるいやん。古い赤飯でも十分過ぎるくらい美味かったので新しいもので作っていれば更にうまかったかもな。

今回の記事の関連商品はコチラから購入可能

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別