実は簡単だった!初めての手作りプリン作り方!

先日紹介した「秋の旨味が詰まったお試しセットがキター」をご覧になっていただけたでしょうか。このセットの中にたぶん旨いと思われる高級牛乳と高級卵が入っていたのだ。

こんないい素材があるのであれば、料理研究家として素材の旨味を最大に生かした料理を作りたい。そこで行きついた先が「手作りプリン」だ!さて本日は初めての手作りプリン、さっそく行ってみましょう。

手作りプリンレシピ

  • 卵 2個
  • 牛乳 200ml〜300ml(4秒程度)
  • 砂糖 甘くしたいだけ入れる
  • バニラエッセンス 4振り

今回は卵2つ分に対しての分量だ。牛乳については、まぁだいたい4秒くらいいれれば、200ml〜300mlくらいになるだろう。プロぐらいになれば計量カップを使わずとも量くらい計れるようになるのさ。

ぬるい牛乳に砂糖

プリン作りでは、冷たい牛乳ではなくなぜかぬるい牛乳を使用する。とにかくあれだ、沸騰しないよう注意しながら牛乳を温めてくれ。そして砂糖は甘くしたいだけ入れて欲しい。私は三杯分の砂糖をつっこんでみたよ。

卵2つをよく混ぜる

次にボウルに卵2つを入れ、混ぜるだけだ。この時注意して欲しいのが泡立てないこと。卵で気泡を作るとプリンが出来た時、泡だらけのものが完成する。ただし泡入りプリンを作る場合には、この限りではい。

ぬるい牛乳と混ぜるべし

ボウルだと、この後の作業がやりにくいので、私は鍋がわに卵を投入。そしてよく混ぜるべし。

バニラエッセンスで香りづけ

プリンといったらバニラエッセンスでしょ!という事でバニラエッセンスを4振りくらいしてみた。とにかくこの時点で匂いはグッド!

網でこしながら入れるべし

牛乳を容器に入れてくれ。この時に直接注ぐのではなく、茶こしでも味噌解きでも何でもいいから、一つフィルターをかますこと。これで混ざってなかった白身とか、へその緒的なやつを除去できるぜ。

あっちなみにだが、今回カラメルを作ってない。実は私プレーン派なのだ。もしカラメルを使いたい場合は、砂糖を適当にぐつぐつすればできるはずだ。

アルミでフタをすべし

いろいろ方法があるみたいだけど、私はスタンダードなアルミ箔でフタ作戦にしました。また呼吸できるようにか、アルミには穴を幾つか空けておいた方がいいみたい。

蒸し器で25分

今回、サイズ的に大きめだったので、ちょっと長めの25分蒸してみることにした。蒸し器がない場合には、フライパンで代用する事もできるみたいです。

冷蔵庫で3時間

蒸しあがったら、粗熱だけとって冷蔵庫へ。あとは三時間まつだけで完成だ。

プリンができたやんけ

冷蔵庫から容器を取出し、アルミ箔をあけると目の前には、いつもコンビニで見ているような淡い黄色のプリンちゃんが!!普通にプリンが出来てしまった。プリンってこんなに簡単で、しかもシンプルな材料から出来てしまうのか!

なぜかブツブツが笑

プリンの裏側を確認すると、めっちゃブツブツができていました笑。これは気泡なんだろうか、それとも蒸した時に温度が高かったのだろうか。まぁでもこのカズ飯では、見た目は気にしない。重要なのは味なんだよ。

昔懐かしい味のプリン

さてプリンを頂くことにしよう。ふむふむ、、、「うまいっ!」
普通に旨いプリンができたではないか!そしてあれだ、なんか昔懐かしい感じのプリン。すごく素朴な味わいああります。コンビニに売っているやつとはまたひと味ちがうぜ。

とにかくあれだ、この味が気になるならぜひ自分の手で作ってみてくれ。バニラエッセンス以外なら普通にコンビニでも揃える事ができるはず。さぁ今すぐコンビニへ走るのだっ!

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別