魚焼きグリルで簡単!ブリカマの塩焼きの作り方

いよいよ、本格的な冬が到来!冬といったら何だ。もちろん鍋も美味しい。ただ忘れちゃいけないのがブリだ!冬はバンバン脂ののったブリが採れる。そしてそのブリから素晴らしい部位が出てくるわけですよ。

それが脂がのりにのった「ブリカマ」でございます。このブリカマまじに旨いのでございますよ。という事で本日はブリカマの基本料理とも言えるただの塩焼きいってみましょう。

魚焼きグリルで焼くブリカマの塩焼き

材料

  • ブリカマ
  • 塩 少々

今回の材料は、たったの2つ。ブリカマと塩だけ。脂ののったブリカマはこれだけでも十分旨いのでありますよ。あとブリカマって安いんだ。このサイズでなんと150円。切り身を買うよりよっぽど安い!

血を抜くのがポイントらしい

私には、なんか料理がうまいと言われてる日本料理の友人がいるんだが、そいつが言うにはブリカマの臭みをとるには、血を抜くのが一番重要だと言っていた。

そんなわけで、水でバシャバシャ洗うことに。たしかにブリカマには見てわかるくらい、太い血管が見えていてそこには血が詰まっている。それを押し出すと血液がドバドバでてくるやないか。

ちょっと地味な作業ではあるが、この血抜きの作業意外に面白い!

キッチンペーパーで水気をきる

魚臭さをとるホンキの人は、ここから熱湯をかけたりいろいろするみたい。でも私は、手抜き料理研究家としてそれはやらないでおこう。けっして面倒くさいのではない。手抜き料理研究家としてのプライドがあるのだ。

さて本編に戻るけど、ここで一度キッチンペーパーなどで水気をすいとっちゃいましょう。

塩をかっこよくふる

味付けは塩のみだ。これで十分うまい。そして誰かギャラリーがいるときはかっこよく塩をふること。こうする事で味が二割増しになる。

中火で15分

焼き上げは魚焼き用のグリルで行う。私のキッチンにあるやつは両面焼きのものなので、中火でじっくり15分で焼きあがった。両面焼きじゃない人は、まぁ適当に自分で考えてくれ。(私は放任主義です)

あとなぜだかわからないが、焼き上げの仕上げは皮を上にしてやるんだってさ。

ブリカマの塩焼き完成

どうだ、ブリカマの塩焼きの完成だ。むちゃくちゃいい感じに焼きあがった。これがあればご飯何杯でもいけるよ。

中まで火が通っているのか見てみると、中もバッチリ。そしてブリカマからはあふれんばかりの脂ちゃんが。湯気が出すぎてレンズが曇りまくりでした。

脂のノリ方半端ない!

うぉーめっちゃうまい!脂のノリ方が半端ないです!これだからブリカマは最高なんですよ。安いしうまいし、最高の食材だわこれ。

注意点としてブリカマはスーパーなどで売ってますが、けっこう人気があり、早めになくなるとこも多いようです。ブリカマ食べたかったら早めにスーパーに駆け込むことオススメするよ。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

Oisixのお試しセット

管理人

管理人 カズ

今の男は料理も作れないとダメって言うじゃないか。というわけで素人同然の私の料理ログを残すためこのBLOGを立ちあげてみました。

あっ言い遅れましたが、ただの一般人Kazuと申します。もし私の事をもっと知りたいというマニアックな方はメインブログのプロフィールをご覧下さい。
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク

月別